製品案内

みまさか病院会計

病院向け財務会計・管理会計統合支援システム

みまさか病院会計は基幹業務アプリケーションとしてデータ連携の柔軟性に優れ、仕訳に必要な情報の一元化を実現し、経理業務の省力化・効率化を図ります。 さらに多角的な管理システムによる業務分析は、経営者の意思決定を強力にサポートします。
「病院会計準則」に準拠し、多くの病院の会計業務で活用いただいています。

病院名 病床数 診療科数
A病院 538 18
B病院 500 23
C病院 400 23
D病院 364 8
E病院 193 8
主な機能
伝票入力
  • ・伝票入力画面は入力重視の“明細形式”と見やすさ重視の“表形式”の2種類(どちらからでも入力、修正、削除が可能)
  • ・1対n、n対nの複合仕訳をダイレクト入力(1伝票での貸 借バランス方式)
  • ・ 実際の付箋と同様に備忘録を入力可 能な付箋(赤・青・緑)機能搭載
  • ・入力補助機能で作業負荷を軽減
     リスト表示選択(部門・勘定・内訳)/行編集/ワンタッチ項目コピー/摘要 辞書登録/仕訳パターン登録

伝票検索機能

試算表から元帳へ、さらに元帳から仕訳入力画面へとドリルダウン式にデータを追うことができますので仕訳データの修正や削除をより簡単に行うことができます。

部門管理

各診療科、事務部門を「部門コード」登録、組織体系を「部門階層」登録することにより、部門別・各階層レベルで、きめ細かく管理を行うことができます。「部門配賦機能」により共通費の集計配賦が可能です。

勘定科目体系登録

病院会計準則に則った「勘定科目」「科目体系」が登録されています。開示目的に沿った試算表の雛形を「科目体系登録」することで1枚の伝票を複数の財務諸表に反映させることができます。

セグメント機能

通常の管理項目と別の側面から、集計可能なセグメント機能を搭載しています。5つの分類を「非常勤医師別」「研究プロジェクト別」等、異なる目的で運用することで、各分類に登録された「セグメントコード」個別に元帳・試算表形式で集計を行います。



稼動環境


対応OS
サーバー(32/64bit 対応) Windows Server 2012 R2
Windows Server 2012
Windows Server 2008 R2 SP1
Windows Server 2008 SP2
クライアント(32/64bit 対応) Windows 10 Pro、Windows 8/8.1 Pro、Windows 7 Pro


page top